CONCEPTコンセプト

働く女性をターゲットにした若者向けの
アンチエイジング「未来の肌を美しく保つための予防美学発想」で、
企画開発した保湿スキンケアシリーズ。

プレアンチエイジングとして、お肌の代謝を促し、若々しさを保つための付加価値ケア成分として3種類のペプチド成分を厳選配合しています。
加齢によるお肌の乾燥・透明感の低下、キメの粗さなど、お肌の衰えに注目し、皮膚のバランスを調整します。

ペプチドアンチエイジング

肌の構造に向け
3種類のペプチド を厳選
※トリペプチド-3、オリゴペプチド-6、ヘキサペプチド-3

ペプチド

ペプチドとは
2つ以上のアミノ酸が結合した化合物の総称です。
もともと、人間の体内に存在する化合物で、様々な機能を発揮します。
中でも機能性ペプチドとして皮膚細胞の増殖を促すことが最近の研究で分かっています。

機能ペプチドの中から、
皮膚の構造学上、各皮膚構造箇所に機能する
3種類のペプチドを厳選しました。

トリペプチド-3 表皮ケア

エネルギー代謝を促し、表皮細胞の
新陳代謝を高まることで、ターンオーバーを促し肌の再生を助けます。

オリゴペプチド-6 基底膜ケア

基底膜の構造を強化・保持することで、
新たな表皮細胞の生産を促し、肌の再生を助けます。

ヘキサペプチド-3 真皮ケア

真皮細胞中の繊維芽細胞の
足場接着を強化し、繊維芽細胞の機能性を高めます。

ペプチド

日本の伝統的な美肌成分配合

日本の
伝統技術
1

出雲湯村温泉水保湿ケア力63%UP

大地のミネラルが溶け込んだ美人の湯。
ミネラルを含んだ温泉水がお肌を優しく潤います。
温泉水は様々な薬理効果を持つとされており、
日本古来より「神経痛の湯」などの名湯が数多く知られています。
神の国に湧き出る神秘的なパワーを持つ温泉水は、
アルカリ単純泉の美人の湯としてお肌にも様々な効果をもたらします。

アルカリ泉 美人の湯の理由
弱アルカリ性泉は、肌のくすみの元となる角質を柔らかくし、老廃物を取り易くします。
そのため、しっとりツルツルの美肌効果が期待できます。
浸透力 低張泉の特徴
温泉水は、浸透圧の効果によって体に吸収されやすい特性を持っています。
美容成分と共に水分が肌にじっくり浸透します。
かなミネラル成分 大地の恵みの凝集
温泉には、好物由来の多種多様なミネラル成分を含むの特徴があります。
ミネラル成分をお肌に補給し、つるつるに整えます。
日本の
伝統技術
2

発酵コンプレックスバランススキンケア

ハイビスカス
ハイビスカス花発酵液
UVダメージケア ハイビスカスの花を乳酸菌によって発酵した成分。
乳酸菌発酵により、未発行では確認されなかった皮膚酸化ダメージ保護効果が確認されています。
日中に受ける紫外線等による酸化ダメージからお肌を守る機能が期待できます。
西洋梨
セイヨウナシ果汁発酵液
角質柔軟・抗シワ 西洋梨の果汁を乳酸菌によって発行した成分。
乳酸菌による発酵で、乳酸などの有機酸が作り出され、通常の果汁よりも豊富に含有するのが特徴です。
乳酸は、AHA作用と呼ばれる古い角質を柔軟にする作用があることから、古い角質の剥離を促し、新陳代謝を整える働きがあります。
それにより、お肌の弾力を取り戻します。
ハトムギ種子
ハトムギ種子発酵液
バリア機能 古来より皮膚炎に用いられてきた漢方薬ヨクイニン(ハトムギ種子)。
このヨクイニンを酵母によって発酵させることで、従来ヨクイニンが持っていた保湿は肌荒れ改善作用に加えて、皮膚中のセラミド産生促進効果と抗酸化作用が確認されています。
通常のヨクイニンに比べて、より高いバリア機能が期待できます。